生命保険を受けた時の遺産分割はどうなるか

法律

生命保険を受けた時の遺産分割はどうなるか

生命保険に入るとき、まず誰が契約者になるかです。
そして被保険者も決める必要があります。
契約者は実際にお金を払っていく人です。
被保険者は、誰が亡くなったときに給付される保険かになります。
告知や診査は被保険者に対して行われます。
さらに決めないといけないのが受取人です。
意外ですが、自分自身で受け取るようにも指定できます。
通常は配偶者などにしておきます。
亡くなったときには遺産分割をします。
現金や不動産なども分割されますが、生命保険を受けた時にはどうなるかです。
生命保険を受けた時、受取人の資産になります。
つまりは、相続人の誰かに指定されているとき、その人の固有の財産になります。
受取人を被保険者にしているときは、相続財産になるので遺産分割の対象になります。
では相続税はかからないのかですが、相続税はかかります。
みなし相続財産になるので、他の資産と同じように相続財産に含めて計算をします。
ただ、受けた人が他の人に生命保険分のお金を渡す義務はありません。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren5set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

最新投稿

お知らせ

一覧