成年後見制度でできることが広がっている

法律

成年後見制度でできることが広がっている

自分自身が高齢化した時、きちんと自分の考えで生活できているかは不安です。
認知症になると、自分がきちんと理解しているかがわからなくなる可能性があります。
お金を無駄に使ったり管理できなくなったりするかもしれません。
せっかく老後のためにと置いておいたお金を無駄に使えば、その分生活に支障が出てくる可能性があります。
成年後見制度を利用すると、自分に変わって財産の管理などを行ってもらえます。
誰に依頼するかは特に決まりはないですが、社会的に信用が高いとされる弁護士に依頼することが多いようです。
家族に依頼することもできます。
成年後見人になると、他人ではできないいろいろな行為を行えます。
かつては、本人が亡くなるまでしか権限がありませんでした。
亡くなった時点で権限が亡くなると、相続の問題などに関われなくなります。
現在は法律改正によって、一定の行為を継続して行えるようになっています。
何が行えるかなども、弁護士なら安心して任せることができそうです。

お知らせ

一覧