法律の整備と医療の発展、その課題

法律

法律の整備と医療の発展、その課題

医療が発展すればするほど、法律の整備による対象者の保護が重要な課題になります。
医療の発展に伴って開発された新たな治療方法は、使い方によっては利用者を傷つけてしまうということにもなりかねないからです。
医療に使われる手法というのは、元来、拷問や処刑に使われたりしていたものもあり、人を傷つけることもできるからです。
この人を傷つけることを、侵襲といいます。
そのため、そういった事故、あるいはあってはならないものですが、故意による傷害を防止するためにも、きちんとした法律の整備が不可欠だというわけです。
また一方で、法律の整備が不十分なために、十分な医療が提供されないということもあります。
それが最も顕著に現れるのが、薬物の認証や臓器移植の問題です。
ある薬物が認証されていないがために、海外に出て処方を受けるということもよくある話です。
臓器移植についても同様です。
いずれにしても、医療と法律は密接に結び付いており、法律なくして、医療は充実しないと言えます。

お知らせ

一覧